トップ / ごまを利用したアンチエイジング

アンチエイジング肌

アンチエイジングと「ごま」 

医食同源、という言葉があるように、食べることは即ち身体にとって薬のようなものですが、特に身体に良いとされる食べ物もありますね。とりわけ「ごま」は、アンチエイジング効果が期待できる食べ物として有名です。ごまは古くは古代エジプトの頃から、食用・薬用ともに利用されてきました。この植物の種子や種子を搾った油には、ゴマリグナンという微量成分が含まれており、これには「セサミン」、「セサモリン」、「セサミノール」、「セサモール」などの種類があります。これらが体内においては、抗酸化作用や抗コレステロール作用、肝機能強化などの働きをするわけですね。アンチエイジングのサポーターの代表格、という位置づけになる所以です。特に黒ゴマはアントシアニンとセレンを含むので、より効果的とされています。

食べ物はごまを積極的に 

アンチエイジングを意識した際、積極的に食事に取り入れておきたいのが、ごまです。抗酸化作用が高い成分で、老化の原因となる活性酸素の働きを抑制する働きがあります。活性酸素は呼吸で体内に取り込んだ酸素が、栄養素と結びついてエネルギーを作り出す際等に生み出されるものですが、健康に影響を与えるだけでなく、肌等にも影響を与え、肌の老化の原因となってしまいます。ですから、日常の食事に抗酸化作用のある食べ物を積極的に取り入れる事がお勧めです。それにより、体や肌の老化を緩やかにしてくれます。アンチエイジングを意識したら、ごま等、抗酸化作用がある食べ物がお勧めです。

アンチエイジング食品情報

© Copyright 海藻を使ったアンチエイジング. All rights reserved.